2008年11月8日土曜日

BIHAKU LED

本日、お待ちかねのBIHAKU LEDがやってきました!

今回は、ライセンスランプLEDです。

もちろん商品は、akira107さんのホームページでお馴染みの

ベンツ、フェラーリLED専門『PIN POINT』さんの

商品です!

なんと言ってもこのアルミ製ヒートシンク内蔵の形状が素晴らしい

ですね。




まず初めにドライバーでカバーを外します。



カバーにはゴムパッキンが付いており、ゴムが本体に張り付く感じ

で付いているかも知れないので、外したネジ穴から細いL字タイプの

金物等で引っ張れば外れるかと思います。

外して見ると、熱によりプラスチック部分が溶けている可能性があります。





溶けている部分が多く、内側に溶け出ていると、LEDに接触してしまい

LEDをはめ込む際に向きが変ってしまいます。

その為、溶け出ている際は、ヤスリなどで削ってからLEDをはめ込みます。

マイGもかなり溶けていたので、接触しない程度まで削ってからの取り付け

となりました。

片方つけてみるとやはり違いがれきぜんですね。



両方で15分もあれば出来る作業なので、みなさんも是非!



詳しくはakira107さんのGELANDISMで紹介してますよ(^^

4 件のコメント:

akira107 さんのコメント...

イイ感じじゃないですか〜!

明らかに白さの違いが実感でき、納得のいく仕上がりになったようで私もうれしく思います(^ ^

またD車の場合との違いが分かり参考になりました。

w463a3 さんのコメント...

こんにちは!
いい感じですね!
僕も同じ物を使っています!
akira107さんに
教えてもらいました!
かなり溶けていましたね!
驚きです!

kimi さんのコメント...

akira107さん こんにちは。
 
確かにD車とは違いますよね!
並行車はD車に比べてナンバーよりも位置が離れるために、ナンバーの光が微妙に弱く感じてしまいますね。

でも十分満足の輝きです(^^

kimi さんのコメント...

w463a3さん こんにちは。

確かにライト関係箇所を開けてみると、至る所が変形していますね(--;
 
他の箇所も対策しないとです!